民泊・シェアリング

2018年6月 民泊新法(住宅宿泊事業法)開始

Airbnb(エアービーアンドビー)とは、空き部屋を貸したい人(ホスト)と部屋を借りたい旅人(ゲスト)とをつなぐ、2008年に創業した米国発の最大手マッチング宿泊webサービスです。

Hokkaido Life Sharing

Airbnb(エアービーアンドビー)とは、空き部屋を貸したい人(ホスト)と部屋を借りたい旅人(ゲスト)とをつなぐ、2008年に創業した米国発の最大手マッチング宿泊webサービスです。

現在では世界195ヶ国81,000以上の都市で利用、約120万件を超える物件がAirbnbに登録されています。通算のゲスト数は3億人を上回ります。中には空き部屋に限らず、ルームシェアからお城まで、世界中のユニークな宿泊施設がインターネットやスマホから予約することができたり、新しいかたちの民泊マッチングサイトです。

提供者(ホスト)は物件を賃貸としてのお部屋ではなくホテルとして登録し、旅行者(ゲスト)へ提供する事で宿泊料を得る事が出来ることと、旅行者(ゲスト)は広くおしゃれな部屋に安価で宿泊できることが人気の一つです。外国人の訪日旅行客が増え続けている日本では現在民泊のニーズも著しく高まっており、新たな宿泊サービスとしてAirbnbへ物件を利用されるお客様も急増しています。

外国人の訪日旅行客が増えている背景には、日本政府の様々な取り組みが伺えますが、訪日外国人が増えている一方、現在起きている問題は宿泊施設の受け入れです。日本全国様々な地域のホテルでは8割以上の宿泊稼働率を推移しているなど、各地を巡りたい旅行客にとって宿泊施設を確保できない事は深刻な問題が多数寄せられ、だからこそ今民泊の需要と期待が高まっているといえます。

サービス一覧

PAGE TOP